リース車とレンタカーの違い

リース契約とはどのようなしくみになっているのでしょうか。車を借りるというおおよその見当は付きますが借りるといえばレンタカーというサービスもありますよね。同じ借りるサービスでもリースとレンタカーではどのような違いがあるのでしょうか。

レンタカーは借りたいと思う日にちに必要とする日数だけ限定で車を借ります。借りる車は車のタイプなどはある程度指定も可能ですが車種や年式などを指定することはほとんどの会社ができません(もちろんサービスとして可能な会社もあります)。年式の古い車がレンタルされても文句は言えませんし、そのまま燃費の悪い走行をしなくてはいけないのです。それに借りる車は余程運よくあなたが登録後初の借主でもない限りは借りた日以前には誰か他の方が借りて乗っている車ということになります。

リース車は新車の段階で借りるのであなたが初めての借主です。タバコの臭いや動物アレルギーの有無など心配はいりません。もちろんレンタカーでも最近は禁煙車を指定することもできますし、基本的にはほとんどのレンタカーは一応ペットの同乗は禁止と規約事項には記載されていたりします。しかしどこまで守られているかは保証はできませんよね。