リース購入とローン購入の違い

ではリースで車を借りるということはどのようなことをいうのでしょうか。

 

通常新車を購入する際に現金で購入するかローンで購入するかに分かれるかと思います。安くない買い物ですから一般的には多少の金利を支払ってもローンを利用する方は多いはずです。

リースとローンのしくみで似ているところは頭金システムです。ローンでも頭金をいくら支払うかによって毎月のローン返済額が変わってくると思いますが、リースも同じく最初にいくらの頭金を入れるかによってその後のリース代金が変わってきます。両者ともに頭金を多く入れれば入れるほどその後の負担は軽くなりますよね。逆にリースとローンで大きく異なるところといえば契約満了時の状態です。ローンの契約満了時といえばもちろんローンを完済した段階のこと。この段階でようやく車は自分の所有物になります。ではリースの場合はどうでしょうか。契約満了後、要するに契約時に何年リースするかを決めるわけですがその契約が終わるということは車を返す時期が来たということになるのです。ローンはあくまでもお金を借りていたのですからお金を返し終わればOKなのです。残念ながらリースは車を借りていたので車を返さなければならないのです。