リース契約とは

リース車を契約するということはどのようなシステムを利用することを指すのでしょうか。

最初の段階では新車をローンなどで購入する際とほとんど流れは似ています。既存の車をリースすることもできますし、自分なりにオプションなどを付けることも可能です。それらの費用込みでリース料金を設定することも可能です。ローンで購入する場合は、購入総額からまず可能な限りの頭金を支払います。残りの全額をローンで支払うわけです。

リースで購入する場合は、同じように頭金は可能な限り支払うことになりますが次に残りの額から契約満了時にその車がいくらで下取りしてもらえるかという額を業者が差っぴくことになります。仮に100万円の車をリースします。20万円は頭金として支払いました。ローンでは残り80万円プラス金利を分割で支払うのですがリースは80万円から3年契約だとすると例えば3年後その車をリース会社が50万円で買い取りますよという約束を最初にしておいて80万円から50万円を引いた30万円を3年間でリース代金として毎月支払ってもらうのです。もちろん3年後、車は業者がすでに最初の段階で50万円で仮買い取りしているので返さなければなりません。