リース車のメリット

レンタカーやローンシステムと比較をしていくとどうしてもリースのシステムはマイナスなイメージが目立ってしまいがちです。実際のところ、詳細まで計算していくとローンで購入をするよりも総額的にはかなりの損をするイメージがつきものです。

しかしこのシステムは最近とても利用されており、このシステムがあったからこそ新車に乗れたという人もいるほどです。

誤解のないように説明を付け加えておきますと、契約期間満了後に車を絶対に返さなければならないというわけでもないのです。最初に業者が下取り金額として差っぴいた金額を支払えばめでたくその車を自分の物にすることは可能ですし、業者によっては契約満了時に改めて残額分をリース代金として分割支払いにできるところもあります。また、契約満了時に再度別の新車で契約をし直すことももちろん出来るので常に新車に乗っている気分を味わえます。

ローンでは不可能なのにリースではできることもあります。それが税金や保険代金などもリース代金に含めることが可能なのです。車検の費用なども基本的には込みというプランも結構多いのでこれらを利用すれば2年に一度やってくる大きな出費におびえることはありません。