リース車のデメリット

デメリットは現在リース車での購入を検討されている方には少々耳の痛い話になるかもしれません。しかし、デメリットもきちんと把握して納得した上での契約を結んでお金ければ後に「思っていたのと違う」「損をした」などという思いをしなければならなくなってしまいます。

まずリース車システムを利用した人の多くが口にすることといえば総額が高いということです。 これだけ聞くと疑問に感じるかもしれません。「新車が半額で乗れる」「低価格で新車に乗れる」はずのリース車システムがなぜ割高になるの?と思いませんか。まず第一の理由としてはローンや現金で新車を購入する際は販売店との値引き交渉をすることが可能ですがリース車の場合それがほとんど不可能という場合が主流です。リースなので価格は決まっているのです。そこに自分なりのオプションを付けていくとさらに値は上がります。

第二の理由はやはりリース料金を長い期間に渡り支払っていってもそれだけではその車が自分のものにならないという点でしょうか。自分のものにしたければ契約期間満了後に残りの金額を支払わなければならない。その結果、値切り交渉もできなかった新車を購入するということになってしまいます。