査定してもらう際の注意点

車検は残っていた方がいいか

自動車を売る際に、残りの車検が残っていれば、査定には有利になります。

実際に車を売るタイミングとして、もうすぐ車検が切れるから、という方も多いのではないでしょうか。そこで、車検が切れてしまいそうな車を売る際に、「車検を通してから売った方が高く売れるのか」という疑問を持つ方も多いと思います。結論から言えば、車検は通す必要はありません。

確かに車検が残っていれば査定で有利にはなりますが、買取時の金額においては、わずかな金額の差にしかなりません。業者によっては全然変わらない場合もあるようです。

車検を通してしまうと、車検代が相当かかってしまい、車検の有無による査定額の差に比べたらかなり高くついてしまうため、車検は通さないようにしましょう。

なぜ車検が査定の評価にならないかを考えてみましょう。

買取業者が車を買取したあとに、中古車として売れるまでに数ヶ月くらいかかってしまう事はよくある事です。また、業者は専用の工場などを持っているため、個人が車検を通すより、かなり安く車検を通すことができます。

実際に中古車を販売する時に、購入者から車検代分をとったりしますので、買取時には全く関係ないからです。

実は車検よりも重要となってくるのが、普段からきちんとメンテナンスや手入れをしているかという点です。整備手帳やメンテナンスの記録など、車の状態が良くて、きちんと管理して乗っていたという事をアピールできる武器があれば、査定でもプラスになる事を覚えておきましょう。