査定してもらう際の注意点

キズやへこみはどうなる

自動車を売る場合に、キズやへこみをどうしたらいいかという疑問は出てくると思います。

実際にキズやへこみは、査定にはマイナス評価になるのは間違えないので、直した方がいいのではないかと考えるのは当然のことだと思います。

よく、車の買取査定において、事故車は高く売れないと思っている方も多いと思います。また、キズやへこみを事故車だと思っている人もいるようです。実際に事故車とは、過去に大きな修理をした修復暦を持つ車のことをいい、車の基本骨格であるフレームの修理交換をし場合の事を指しますので、キズやへこみ程度は、事故車に該当しません。

とはいえ、キズやへこみがマイナス査定になるのは事実です。ところが、これを修理した場合は、修理費用だけ査定がプラスになる事はあまり考えられず、基本的には「キズやへこみはそのまま査定に出す」と考えておいてよいでしょう。

実際には、キズやへこみの程度と、修理代にいくらかかるかというのがポイントとなります。仮に1万円程度しかかからない修理であれば、修理に出してから査定にかけた方がいい場合もあります。

ここで、気にならない程度の小さなキズの場合は、洗車をしないで査定してもらうのもひとつの手になります。通常は洗車をして査定に出すことで印象はアップするのですが、洗車をしないからマイナス査定になるわけでもありません。洗車をして綺麗になったら見えるキズが、洗車をしない事によって見えにくくなる場合もあるので、覚えておいて損はないでしょう。