査定してもらう際の注意点

純正パーツは必要

メーカーから販売されたままの自動車をノーマル車といいます。自動車を購入後、自分の車に社外品のパーツを取り付ける方もたくさんいると思います。

社外品のパーツとしては、カーナビやオーディオ類、アルミホイールなどは、普通の方でも結構かえる人が多いのではないでしょうか?中には、マフラーを換えたりやエアロパーツを取り付ける方もいると思います。

しかしこれらの社外品のカスタムパーツは、車を売る時にはマイナス査定となるケースも多いのが事実です。車を下取りに出す時は、まずマイナス査定となります。買取の場合は買取業者やパーツによってはプラス査定になる事もありますが、多くの場合はメーカー純正パーツの方が評価が高くなる傾向にあります。

よって、カスタムパーツに取り換えた場合でも、純正パーツは必ず取っておく事をお勧めします。

査定前に、もし自分でパーツを交換できるのであれば、カスタムパーツから純正パーツに戻しておいた方がいいでしょう。しかし、上手く交換できるか心配だったり、交換にお金がかかってしまう場合は、無理に交換はせず、車と一緒に純正パーツを持っていき、査定に出すといいでしょう。

この場合は、ノーマルパーツとして査定してもらえ、カスタムパーツ分がプラス査定になる可能性もあります。

純正パーツがない場合は、オークションでタダ当然で売られている事もよくあるので、探してみるのもひとつの手ではないでしょうか?オークションで落札した以上に査定額があがるケースもよくあります。