査定してもらう際の注意点

走行距離はどう査定されるか

一般的に自動車を売る場合には、走行距離が長くなれば査定も下がるというのが現状です。

走行距離の問題は、車の利用目的によってはなんともしがたい問題なので、どうしようもないとも言えますが、車を売るタイミングを考える上では、どのように査定に影響しているのかを知っておくのもいいかと思います。

走行距離は中古自動車査定基準によって、各車の年式やランクごとに、走行距離によるプラス査定・マイナス査定の点数が定められています。興味のある方は、自分の車種の中古自動車査定基準を調べてみることをお勧めします。

例えば一般的な多くの車の場合は、1年前の中古車の場合、2万キロを超えた時点でマイナス査定となります。2年前の車の場合は、3万キロを超えていればマイナス査定になりますが、逆に2万キロ未満の場合は、プラス査定になります。

また、年式が古くなればなるほど、査定の点数は小さくなっていきます。つまり5年以上の車になれば、走行距離によるマイナス査定はさほど影響がないという事になります。

ここで注目すべき点は、走行距離による査定においては、10万円単位で査定額が変わってくることがあるという点です。例えば1年間で5000kmの車と1年間で5万キロの車では、高級車では50万~60万円くらい査定額が変わってきます。一般的な乗用車でも30万前後は変わってきますから、決してばかにできる金額ではありません。

このように走行距離は、車の価値を決める大きなポイントであるともいえるでしょう。