車の種類によるポイント

軽自動車は有利

近年は景気が悪い状態が続いており、軽自動車や低燃費の車に人気が集中しています。

軽自動車は、ガソリン代もかからず、小さいので取り回しもよく、保険や税金も少なくてすむため、昔から人気ではありましたが、近年は女性ドライバーの増加などの理由もあって、軽自動車の需要は一段と高まっているといえるでしょう。

軽自動車は新車で買う場合も意外と高く、中古車市場でもその傾向性は変わりありません。よって軽自動車を売る場合にも高く売れるのではと考えている人も多いと思います。

事実、人気車種の売却の場合、新車購入価格と売却時の差を示すリセールバリューにおいて、普通自動車よりもかなり高いものが存在するので、軽自動車は高く売れると思われがちです。

しかし実際には、必ずしも高く売れるとは一概にいえないので注意が必要です。

軽自動車を買取してもらう場合、軽自動車の耐久性の問題から、走行距離が5万キロ以上のものは、かなり査定額が落ちるようになっています。

また、意外と人気車種が偏っている傾向性もあり、人気車種以外の軽自動車はあまり評価がよくない場合もあるようです。カラーも重要で、軽自動車の場合は黒か白は人気ですが、その他のカラーは査定にも影響するといわれています。

このように、軽自動車だからといって高く買取ってもらえるわけではないことは覚えておきましょう。軽自動車専門の買取業者などもありますので、やはり売る場所を選択することは大切な要素となります。