車の種類によるポイント

違法車の扱い方

自動車の中には、カスタムパーツなどで改造しすぎて、車検に通らないような車もありますが、これを違法改造車といいます。もちろん違法車とはいえ、走ってはいけない車ではないので、実際には数多くの違法改造車が出回っているのも事実です。

しかしこの違法改造車は、買取業者に持っていってもマイナス査定になってしまうのは当然といえるでしょう。買取業者によっては、買取自体を断られる可能性もあります。

車検に通る改造車と、車検に通らない改造車は全く違うものと思っていて間違えないでしょう。

改造車の具体的な箇所としては、ランプ類の色や個数、マフラーの消音や触媒装置の取り外し、サスペンションのスプリング切断、車外へ突き出したタイヤなどがあります。

買取が可能な場合でも、パーツに金額がつくことはまず考えられなく、ノーマル車に戻した時にどのくらいの金額がかかるかを計算されて、その分がマイナス評価となる場合が多いようです。

このように車としての価値はなくなってしまう違法改造車ですが、純正パーツが残っていればなんとか値がつく可能性もあります。また、パーツにもよりますが、高級パーツなどはパーツ専門店に買取ってもらったり、オークションで販売するというのも手です。

また、カスタム車専門の買取業者に相談してみるのもひとつの手段ではないかと思います。

いずれにしてもノーマル車に戻せるかどうかがキーポイントになるため、純正パーツは必ずとっておく事をお勧めします。