車の種類によるポイント

事故車の扱い方

よく事故車という言葉を聞きます。事故車といえば、事故を起こした車と思っている人も多いようですが、正確には事故車とは、車の骨格部分となるフレーム部位等の交換や修理をした車のことで、修復暦車と呼ぶ場合もあります。

車をぶつけて外観にキズがついたり、バンパーが交換になったという程度であるならば、事故車とはいいませんので、安心できる人も多いのではないでしょうか。

自動車を売る際に、大きな事故や修理を行った経験がある場合は、買取業者にその旨を話しておくべきです。もちろん些細なキズまで言う必要はありませんが、事故を起こしてドアやボンネットを取り替えたとかの大きな事故暦や修復暦は絶対に隠しておいてはいけません。

もちろん買取時の査定で、事故暦や修復暦はプロの査定士には見抜かれているはずです。しかし査定時に身落ちされていたものが、後々判明した場合に、買取業者との大きなトラブルに発展する恐れがあります。具体的には、買取時のお金を返してくれと請求されたり、最悪は損害賠償を請求されたりする可能性もありますので、自分でわかっている事は隠さずに話しておきましょう。

事故車の場合は、程度にもよりますが、大幅な査定ダウンとなったり、場合によっては買取してもらえない業者も出てくると思います。

また、事故車専用の買取業者もありますので、あまりにも買取金額がつかなかったり、買取を断られた場合は、こちらに相談してみるのもひとつの手ではないかと思います。