車を高く売るポイント

純正品と社外品のどちらが有利

一般的に自動車を売る場合は、純正パーツのついたノーマル車が有利で、カスタムパーツのついた改造車は査定の評価が低くなる傾向性にあります。しかし、カスタムパーツであっても、有名メーカーの高級なものはプラス査定になる場合もあったり、カスタム車専門の買取業者に持っていけば、高く買取ってもらえる可能性もあります。

ここでは、一般的な人でも購入する可能性の高い、カーナビとアルミホイールを例にして、純正品と社外品のどちらが有利になるかを見てみましょう。

カーナビの場合は、基本的には純正でも社外品でも変わらないといいます。むしろ動作に問題ないかが大切なポイントです。また、新しいものほど有利になります。またインダッシュタイプは外付けタイプよりも有利になります。

このように、カーナビのようなオプション品は、社外品であっても査定時には影響しない場合も多いようです。

またアルミホイールも、JWLやVIAマークが付いているものでは、程度によっては査定アップになる場合もあります。4本揃っていたり、新しいものほど評価が高くなったりします。

もちろん買取業者によって評価は変わってきますので、心配する前に相談してみることをお勧めします。いずれにしても純正品も合わせて持っていった方が評価はあがる事は間違えありません。

またカーナビは売る時の評価は低く、買う時には高価な品物です。場合によっては外しておいて新しい車に付け替えた方がトータルの出費が減る場合もあるので、検討する価値があるでしょう。