車を売るための手続き

査定時に用意する書類

自動車を中古車買取業者などに買取りしてもらうためには、まず査定を行う必要があります。

査定時には、車の価格を決定するために必要な書類などを用意しておきましょう。万が一必要な書類が揃っていない場合は、正確な査定額が出なくなってしまうので、確実にチェックして集めておく必要があります。

まず、車検証と自賠責保険証明書、自動車納税証明書とリサイクル券が必要です。

車検証は車の所有者の確認を行うために必要となり、また車種や車両番号など車の情報を得るためにも非常に大切な書類となります。また、車検の有効期限や、車のグレードなどもここから確認します。

軽自動車の場合は、軽自動車納税証明書が必要になります。

また、車の保証書と取扱説明書、定期点検整備記録簿(整備手帳)も用意しておきましょう。整備手帳は、車の整備履歴を確認するための大切な書類となります。

その他、身分証明を確認される場合があるので、運転免許証や印鑑なども念のため用意しておいた方がいいでしょう。

書類の他には、もちろん車の準備が必要です。外装・内装ともに清掃しておいたり、トランクの中身を出しておくなど、査定しやすい状況にしておき、査定士のイメージがよくなるような努力をしておく事も大切なポイントとなります。

車にカスタムパーツを取り付けている場合は、純正パーツがある場合は必ず用意しておきましょう。また、取り付けてない不要になるパーツなども、プラス査定になる可能性があるので、用意しておいた方がいいでしょう。