車を売るための手続き

出張査定の流れ

自動車を中古車買取業者に売る場合には、まずは査定をしてもらうことになります。しかしなかなか買取業者まで車を持っていけなかったり、仕事の関係で夜しか時間が取れない場合などは、出張査定のサービスを利用することができます。

出張査定は、後々査定費などを請求されないように、無料出張査定をうたっている優良業者を選びましょう。また、その場で結論が出なかった時に断っても平気そうな業者を見つける事も大切です。

買取業者が見つかったら、電話で申込みをし、査定に来てもらう日時を決めます。

査定に来てもらう前には、必要書類や一緒に査定してもらうパーツ類を用意し、洗車をしてきれいにしておきましょう。この際に、外装のキズをチェックしておくのも大切なポイントです。

査定士が来て実際の査定が始まります。まずは書類をチェックし、問題がなければ車のチェックに移ります。この際、大きな事故暦や修復暦があれば、事前に伝えておきましょう。

外装は、キズやへこみの他、塗装の状態からタイヤの溝まで、細かくチェックしていきます。エンジンルームも開き、修復暦なども徹底的にチェックしていきます。

内装は、シートやマットの確認、カーナビからパワーウィンドウまで正常に作動するかを確認していきます。

ひととおり確認が終わったら、査定金額が出ます。ここから買取るかどうかの交渉が始まりますが、複数の業者に見てもらうまでは即決はさけた方がいいでしょう。

もちろん、希望の買取額の場合は、その場で買取ってもらう流れになるケースもあるでしょう。