車を売るための手続き

契約・売却時の流れ

複数の中古車買取業者の査定が終わって、希望額の買取業者が見つかったら、いよいよ車を売る流れに入ります。

まずは車の売却時に必要な書類を用意しましょう。

普通自動車の場合は、次のものを用意します。まず車検証・自賠責保険証・自動車税の納税証明書の3点セットです。次に譲渡証明書と委任状は買取業者の方で用意してもらえるので、記入捺印します。契約時には実印と印鑑証明も必要になります。

また状況に応じて、次のものも必要になるのでチェックしておきましょう。引越しをして、車検証と印鑑証明書の住所が違う場合は、住民票が必要になります。何回か住所が変わっている場合は、住民票の除票も必要です。結婚して姓が変わっている場合は、戸籍謄本も必要です。またローンが残っている場合は、所有権解除書類も必要になります。

軽自動車の場合は、車検証・自賠責保険証・軽自動車税の納税証明書の3点セットに、買取業者が用意してくれる自動車件査証記入申請書に記入捺印します。軽自動車の場合は、印鑑は認印で問題ありません。その他、リサイクル券が必要になる場合もあります。

車の引渡しは売却契約と同時に行われるのが一般的です。査定が出てから売却契約と車の引渡しまでに日数が立ち過ぎると、再査定になる場合もあるので、速やかに処理してしまいましょう。

通常は、契約完了後数日でお金が振込まれることになりますが、もし現金で欲しい場合は業者に相談してみることをお勧めします。お金の受取方法も事前に確認しておいた方がいいかもしれません。