車を売るための手続き

名義変更の手続き

自動車を売る場合には、名義変更をしなければなりません。名義変更には様々な書類が必要となるため、スムーズに進めるためにはあらかじめ書類を集めておく必要があるでしょう。

自動車をディーラーや中古自動車買取業者などに売る場合は、下取りや買取時の契約の際に必要な書類を教えてくれるので、書類を集めて渡しさえすれば、名義変更も代行して行ってもらえるので、特に難しいことはありません。

しかし、オークションで車を売る時や、個人間で売買する時は、自分自身で名義変更を行う必要があるので、一連の流れを覚えておきましょう。

まず名義変更は、売り手と買い手の双方が一緒に行うのが理想なのですが、実際には難しいケースが多いので、基本的には買い手が行う事が多いと思います。

オークションで車を売った場合に、落札者が名義変更の手続きをしてくれないがために様々なトラブルが発生しています。オークションによる車の売買の最大のリスクはこの点でしょう。

普通自動車の場合は、車の新所有者が最寄の警察署で車庫証明を取得。必要書類を用意して、新所有者の居住地の所轄の陸運局で手続きを行います。

陸運局内で自動車税と自動車所得税を申告し、必要があればナンバープレートを交換します。

名義変更には車庫証明費用と、自動車登録手数料、ナンバープレート代が手数料として発生します。

軽自動車の場合も普通自動車とだいたい同じ流れになりますが、軽自動車検査協会で名義変更を行うこととなります。