車を売るための手続き

車を売る際の税金

まず、自動車所有に関わる税金について基本的なことは覚えておきましょう。

自動車には自動車税と自動車取得税、自動車重量税の3つの税金があります。軽自動車の場合は、自動車税の代わりに軽自動車税がかかってきます。それではこの3つの税金を確認しましょう。

自動車税は、4月1日現在における車の所有者にかかってくる税金で、車の排気量で税金も変わってきます。

この自動車税は1年間分を5月頃に前払いで払うことになるので、車を売ったり廃車にした場合は、月割り計算で還付されることになります。

軽自動車税は自動車税に対して少額なのが魅力ですが、年額で払う税金なため、車を売っても還付されることはありません。

次に自動車取得税ですが、こちらは新車や中古車を購入した時にかかってくる税金となります。車を売った場合に還付されることはありません。

自動車重量税は、車を新規で登録する時や、車検を行う時に、車の重量によってかかってくる税金になります。この税金は、車を廃車する時に車検が1ヶ月以上残っていたら還付されますが、車を売る場合に還付されることはありません。

このように車を売った場合に還付される可能性のある税金は、自動車税ということになります。

しかし実際は、税金が返ってくることを知らない人も多く、車を売却した時に税金を返金してくれない業者もあるといいます。車の売却契約時に自動車税の還付についての説明がなかった場合は、ひとこと確認しておく事をお勧めします。