車を売るための手続き

ローン残金がある場合

自動車を購入した時にローンを組んで購入している方も多いと思います。しかし車を売る時にもローンが残っていて、車を売れるのか心配な人も多いのではないでしょうか?

結論からいえば、ローンが残っていても車を売ることは可能です。

ローンが残っている車の場合、以下のような修理の流れとなりますので、しっかり確認しておきましょう。

まずローンが残っている場合、車の所有者はローン会社やディーラーとなっているため、本来は勝手に処理できるものではありません。この場合、ローンを一括返済し、ローン会社の所有権解除の手続きをする必要がでてきます。通常は買取業者が、ローンの清算や、所有権解除の手続きも代行して行ってくれることになります。

しかし、車を売った金額でローンが完済できれば問題ありませんが、ローン残金が残ってしまう場合もあるので注意が必要です。

この場合は、不足分のお金を用意してローンを完済してしまうか、残ったローン金額で、新たにローンを組み直すかの2通りの方法から選択することになります。

いずれにしても、車にローンが残っている場合は、事前に買取業者などに申告をしておいて、ローンをどう処理するかも相談しておくことをお勧めします。

また、その後に新しく車を購入する際にもローンを組むケースが多くなると思いますが、前の車のローンが残っている場合はローンが二重になってきますので、前のローンの完済をした方がいいかどうかも十分に検討した方がいいでしょう。