車を売るための手続き

車を売った後の保険の処理

自動車を売った場合に、自動車保険をどうするかも考えておく必要があります。

自動車の保険には2種類があります。まず加入が義務付けられている自賠責保険、別名強制保険です。

自賠責保険は、車にかかっている保険というイメージで、車を廃車処分した場合は解約の扱いとなります。この時には解約返戻金が戻ってくる可能性もあります。

しかし車を売った場合は、自賠責保険も車についたままの形になります。そのため、お金が返ってくることはありません。

次に、任意加入による自動車保険です。自動車保険は、自賠責保険のように車についているイメージではなく、自分が損害保険会社と任意で加入している保険となるので、車を売った場合も自分の保険として手元に残ります。

もし新しい車に乗り換える予定がある場合は、自動車保険は解約をせずに、新しい車に乗り換える時点で、保険の契約内容を切り換えます。この際、新しい車の車検証を元に、車の登録や保険料の算出も新たにすることになります。契約をしている損害保険会社に問い合わせるとよいでしょう。

もし車を売った後に、新たに車に乗る予定がなければ、自動車保険も解約しましょう。

問題は、しばらく車に乗らないが、将来的に車を買う予定がある場合です。自動車保険には等級という制度があり、無事故が長い場合には保険料がかなり割引になっている場合もあるのです。自動車保険を解約してしまえば等級がスタート時に戻ってしまいますので、車がなくても保険をかけ続けておいた方がいい場合もある事を覚えておきましょう。