車をどこで売るか

ディーラーで売る

自動車をディーラーに売る場合は、基本的に下取りをしてもらうことになります。つまり、新しく自動車を購入することを条件に、それまで使用していた車を買い取ってもらう仕組みになります。

実際に下取りをする場合は、車を売ることで現金がいったん手に入るわけではなく、購入する車の価格から値引きをしてもらう形で清算されます。

一般的には下取りは、中古車買取業者に買取してもらうよりも損する場合が多いようです。しかし新しく購入する車と同じメーカーの車である場合、買取専門店より高く下取りしてもらえる場合もあります。前の車を同じメーカーのディーラーで購入していた場合は、さらに可能性があがるでしょう。

例えば、中古車市場では人気ない車種であったり、ランクの低い車であっても、同じメーカーのディーラーの場合は高めに下取ってもらえる場合もあるようです。

また下取りの場合は、新しい車が納車された日に交換できる点も大きなメリットとなります。買取業者に売った場合は、一度現金は入りますが、その次に車を購入するまでの間は車が無い事になってしまうからです。

下取りの最大のデメリットは、基本的には査定額が低くなることです。年式が古い車や、修復暦のある車など、買取市場では値のつく車でも、下取りでは全く値がつかない場合もありますので注意が必要です。また、正規品以外のカスタムパーツなどは評価されません。

下取りを行う場合は、買取価格も調べておいた方がよいでしょう。