車をどこで売るか

オークションのメリット

自動車を売る場合に、最近普及してきた方法として、オークションを使うケースがあります。

オークションの最大のメリットは、中間業者を介さないで直接取引をするため、買取や下取りなどの方法よりも高値で売れる可能性があるという点です。

車には、古い車や走行距離が高い車であっても、「この車種の、この型の、この色の車が欲しい」などというこだわりがあるのも事実で、好みの人にピンポイントで気に入ってもらえた場合は、高値で買い取ってもらえるかもしれません。

カスタム車などの改造車など、買取や下取りではなかなか評価されない凝った車でも、オークションなら気に入ってくれる人が出てくる可能性は十分に考えられます。

なぜ買取等よりもオークションの方が高値がつきやすいかといえば、買取などの場合は、買い取った車に利益を乗せて中古車として販売することになるので、必然的に買取価格は販売価格よりも相当安くなってしまうからです。オークションの場合は、買い手にとっても、中古車販売店で買うようも安く買えればいい事になるため、売り手側からしたら高値でも、買い手にとっては決して高くないわけです。

通常、買取や下取りの場合は、自分が住んでいる近隣のエリアでしか探せませんが、オークションの場合は全国に情報を発信することができ、探す方もピンポイントで探してくるので、可能性は十分にあります。

オークションといえば、Yahoo!オークションが有名ですが、車専門のオークションもあるので、自分に適した方法を検討するといいでしょう。