車をどこで売るか

オークションのデメリット

自動車を売る場合に、買取や下取りよりも高値で売れる可能性のあるオークションですが、様々なデメリットがある事は覚えておきましょう。

まず、オークションの場合は必ず売れるとは限りません。また売りたい時期にすぐに売れるとも限らないのが欠点のひとつです。

オークションでの最大のデメリットは、なんといっても素人による個人売買になってしまうという点です。

オークションに出品するためには、写真の撮影から説明文などを用意して、手続きを全て自分で行う必要がでてきます。また落札された場合も、名義変更などの手続きは出品者か落札者が担当することになります。万が一、名義変更を依頼しておいて、確実に行ってもらえない場合は、自動車税の納付通知書が売り手に届いてしまったり、違反の呼び出しが届いたりと、トラブルの原因となる場合があります。

しかも車のオークションの場合は、現車を確認しないで引き渡す場合も考えられるので、後々になって調子が悪いだの、故障しただのと言いがかりをつけられたりと、様々なトラブルが考えられます。

なんといっても、手続きから車の明け渡しまで全て自分で行うことになるため、手間やリスクを考えたら、買取業者などに売ってしまった方が良かったということにもなりかねません。

オークションを利用する場合は、車専門のオークションを利用するのも手です。この場合は、落札者が個人ではなく中古車販売の業者になるため、比較的トラブルも避けられることでしょう。